アンカー

サポート活動|仙台大学体操競技部公式ホームページ

仙台大学 体操競技部
仙台大学体操競技部 > サポート活動

サポート活動

サポート活動
アンカー

映像サポート

映像サポート
■ スポーツ情報マスメディア
体操競技の競技力向上のための最も重要な情報の一つが、いま演技を行った自分自身の動きの映像です。この情報を得るため多くのチームや選手が活用しているのが、ビデオ撮影による映像(演技・動き)です。
体操競技部の映像サポートとは、スポーツ情報マスメディア学科の学生で、毎日のトレーニング段階から試合まで、なんと打ち上げの様子までビデオ撮影を担当、映像を加工して提供してくれている映像サポートスタッフの活動です。
体操競技経験者はいませんが、現在ではオリンピックローテーションから技の名前まで記憶して、仙台大学体操競技部の競技力向上の協力をしてくれるスタッフです。
クリアスペース
アンカー

栄養サポート

栄養サポート
■ スポーツサポート研究部
近年のトップアスリートを支える「スポーツ栄養」いまや専属の栄養士を雇用する選手やチームも多くなっております。仙台大学運動栄養学科は平成15年に新設された体育大学系で初めての栄養士養成課程を有する学科であり、栄養学とスポーツ・運動科学の両方について必要な知識と技術を学び、スポーツの現場に生かせる実践力をもった人材の育成を目標に掲げてきました。
そして、この実践力を高めるために立ち上げられたのが「運動栄養サポート」です。
このサポート研究会所属学生のなかで最も精力的に活動を行っているのが、体操競技部と選手を尊敬し、敬愛する学生が集う「体操競技栄養サポート」です。
体操競技経験者はおりませんが、練習、合宿、大会、合宿所の生活、すべての場面における栄養管理と相談に応じてくれます。このサポートにより、疲れにくく、けがの出ないからだを手に入れトレーニングに集中できます。
仙台大学体操競技部に自信と強さを与えてくれる活動で、強力なスタッフです。
一週間の献立はこちら
クリアスペース
■ スタッフ紹介
  • 伊東 里奈
  • 4年生
  • 佐藤 唯
  • 3年生
  • 高橋 彩
  • 3年生
クリアスペース
アンカー

映学生トレーナーサポート

学生トレーナーサポート
技術、技そのものが日々進歩を続けて難しくなる体操競技、そして、それを習得するためには、身体に大きな負担がかかる競技です。しかし、現在ではバランスの良いトレーニングメニュー、疲労の蓄積を残さないトレーニング後のケア、万が一故障が起きた直後の応急処置、その後のアスレティックリハビリテーション、これらを適切に行うことで、最小限の負担とバランスの良い体でトレーニングに集中することができます。
そして、これらの選手の身体的ケアとコンディショニングの専門知識と技術を学習して、選手に行うのが、学生トレーナーサポートです。選手が活動を始めた瞬間からトレーニングや競技を終えて休息にはいるまで、メディカル的な視点から選手のトータルサポートを行う、仙台大学体操競技部では一番歴史のあるサポート活動とスタッフです。
クリアスペース
クリアスペース